新しい手法です|要望に応えてくれる不動産売却を実現させよう

要望に応えてくれる不動産売却を実現させよう

新しい手法です

硬貨

オフィスビルを持とう

個人が行う不動産投資といえば、中古ワンルームマンションや1棟アパートを購入して賃貸物件として一般に貸し出すものというイメージが非常に強くあります。しかし、最近、個人でも不動産投資の方法が多様化してきました。例えば、オフィスの区分所有権です。オフィスビルの賃貸といえば、資産家や企業が行うというイメージが強くありました。ここ3年くらいで、急速に、オフィスの区分所有権がサラリーマンなどの個人にも受け入れられてきています。この背景には、個人向けにオフィスビルの区分所有権を取り扱う不動産会社が増えてきたことが挙げられます。最近ではCMでもよく見られるようになりました。また、オフィスビル賃料の上昇も個人投資家に受け入れられている要因となっています。

民泊が広まります

オフィスビルの区分所有以外にも、一部の個人投資家に注目されている不動産投資方法があります。それは民泊です。民泊とは、中古ワンルームマンションや戸建てなどの空き家物件を旅行客などに賃貸することを指します。つまり、宿泊施設として空き部屋を貸し出す事業です。本来、旅館やホテルは業法の基準を満たしていなければなりません。そのため、今までは空き部屋を宿泊施設として継続的に貸し出すことは認められていませんでした。しかし、最近の外国人旅行客数の増加により、宿泊施設が不足していることもあり、民泊を認める方向で動き出しているのです。宿泊料金によっては月極賃貸よりも高い料金が取れるため、新たな不動産投資の方法として広まる可能性があります。